週末シェフの簡単お助けレシピ!
■お知らせ■

 毎度お越しいただき、本当にありがとうございます。

ほぼ2年間、お休みをしていましたが、記事の更新を再開させていただきます。
記事の更新はなかったものの、この2年間の週末はもちろん料理作ってました。

今後もよろしくお願いします!


〜レシピ一覧はこちらから〜

2008年01月01日

鴨つくね鍋

寒い冬の時期に鍋物のレシピを溜めておかないと、なか
なか増えません。ということで、目新しくはないですが
鴨鍋です。鴨肉と野菜を入れればいいのでありますが、
つくね団子にちびっと力を入れてみました。

鴨つくね鍋

<鴨つくね鍋のレシピ>

1、それでは、鴨のつくねから仕込みましょうか。

  スライスされた鴨のお肉はスーパーなどでパックで
  売っておりますが、今回は挽肉を使います。お肉や
  さんや、デパチカなどで鴨のお肉を買って挽肉にし
  てもらいます。アタクシは池袋西武のB2のお肉屋さ
  んでやってもらいます(2度挽きにしてもらってく
  ださいね)。

  鴨挽肉と鶏挽肉を2:1の割合ですり鉢に入れます。
  そこへ、卵、塩、胡椒、ガーリックパウダーを入れ
  てよくスリスリして下さい(簡単ですが完成)。

2、野菜類を用意しましょうね。

  ささがきゴボウ、ダイコンとニンジンは乱切り、
  白菜はザク切り、ネギは斜めスライス、あとはキノ
  コ類を用意しておきます。

  豆腐は適当な大きさ。
  鴨のスライス肉も用意します。

3、お水を張ったお鍋に、ダシ昆布とダイコンニンジン
  を入れて火にかけます。煮立ったら、つくねを丸め
  て落としていき、煮込みます。

4、ここで、お湯を沸かしてお蕎麦を茹でましょう。鴨
  つけソバにいたしますので、茹で上がったら流水で
  よくすすぎ、ざるに盛っておきます。

5、鴨の脂が浮いて、つくねが浮き上がってきたお鍋に
  味をつけます。昆布を取り出して、お醤油、お酒、
  塩を入れます。あまり濃い味にならない方がいいの
  でご注意下さい。

6、ここで、野菜・豆腐などを投入し火を通しまして、
  食べる寸前に鴨スライス肉を入れます。

鴨のお肉は煮すぎると堅く縮んでしまいますので、火が
通ったらワシワシ食べてきましょう。薬味は、七味など
ですが、つくねには柚子胡椒がぴったりなのであります。
鴨の旨みと脂が出たスープが絶品なので具と一緒にどん
どん飲みましょう。

その旨みが出たスープでお蕎麦つけていただきますが、
スープにそばつゆを混ぜて、薬味の刻みネギとゆずなん
かで一緒にいただきます。これまた旨いのでありました。

作るにあたってのちびっとしたハードルは鴨挽肉なので
ありますが、お肉屋さんにしてみると挽肉を頼むお客さ
んなんて珍しいので喜んで挽いてくれますので、気軽に
頼んでみて下さい。

↓ブログのランキングに参加してます。
↓ポッチとしていただけるととっても嬉しいデス。

ba_gr.gif

↓こちらもお願いします。

blogrank_banner.gif
posted by hesomaga at 12:00| Comment(0) | TrackBack(1) | お助けレシピ「鍋物」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

料理レシピ紹介サイト: 鴨肉/鴨胸肉/合鴨(カモ/アイガモ) ブログでCookin
Excerpt: 「鴨肉/鴨胸肉/合鴨(カモ/アイガモ)」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してくだ..
Weblog: 料理レシピ集(投稿募集中)byブログでCookin!
Tracked: 2008-01-02 08:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。